4月 25 2009

いやあ、縁って不思議だなあ…

今日は朝から結構激しく雨が降っています。ここのところ、あんまりブログの更新もできないほどにてんてこ舞いだったので、ちょっと一息つける恵みの雨です。

さて、先日、23日の木曜日に、以前「まちがえた鬼瓦交換の旅・三州高浜の山本鬼瓦工業さんへ」の記事で書いた、山本鬼瓦工業の専務さんが、京都の取引先やお寺さんへの挨拶回りという事で、当店にもお立ち寄りくださいました。

この写真は、お土産でいただいた、飾り瓦です。古代鬼面の鬼瓦のオブジェですね。ペーパーウェイトにしたり、壁に掛けて室内装飾にしたりします。

古代鬼面の飾り瓦

いろいろお話をする中で、もうずいぶん前の記事「屋根と地震の関係…倒壊の本質は構造にある」でご紹介した山本大成さんの話に成ったのですが、何と、専務さんとは家族ぐるみの付き合いをされている友人なのだそうです。

もともと、同じ瓦業界にいながら取引関係にあるわけでもなく知らない同士だったのだそうですが、たまたま専務の奥さんが勤務先で仲良くなった方が、大成さんの奥さんだったのだそうです。

いやあ、それにしても縁って本当に不思議ですねえ。

ほかの職人さんの話を読むならこちらをクリック!にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ住まいブログ 大工・職人

4 comments

Skip to comment form

  1. なかなか、よさげですね!結構欲しがる人多いかもです。

    最近、更新が無いなと気になっていたのですが、お忙しかったのですね。

    そういえば、こちらでも鉛に穴が開いた事象がありましたので、こちらの記事を引用させていただきました。(事後報告ですがw)

    留守中は、自宅+職場から応援してましたよ!

  2. himomaruさん、ありがとうございます。
    そうなんですよ。3カ所重なってしまって毎日へろへろでしたよ。

    鉛の件、了解しました。どうぞどうぞ。
    たしかまだ廃材置き場においたままなので、
    こちらでも写真撮れたら取っておきますね。

  3. 確かに‘縁’と言うものは不思議ですね。
    人それぞれ「たまたまだよ。」とか「運命です。」とか言いますが、どちらにしても、ありがたい物で、かつ、大事にしたいなと思います。

  4. 瓦哲さん、ありがとうございます。
    本当に不思議ですよねえ。
    そして、そういうご縁に支えられて、
    人は生きているんだと思います。
    もちろん私も。(^^)
    今後ともどうぞよろしく…。

コメントを残す