4月 24 2008

桜前線は、すっかり通り過ぎましたね。

以前、「すごいぃっ!住宅模型の話」でご紹介した、岩手佐野建設の住宅営業部長さんのブログ、「家づくりのまじめな話」に、20日の日曜日に桜が満開だったと書いてありました。それを読んで、ああ、そうなんだ、桜前線はもう東北まで行っているんだなあ…と、しみじみ。

桜前線は川端通りを北上しますこの写真を撮ったのは、4月の3日。川端通りで信号待ちの間に、ケータイ(アドエス)でとりました。

京都の北山から流れ出て、市内を南に流れていく賀茂川、高野川。東岸の南北の通りが川端通りです。この通りは、北からずっと十条ぐらいまで桜の木が続いています。桜の頃にこの通りを車で走ると、まさしく、桜前線の北上が目に見えます。毎日、咲き具合がだんだん北上して行くのがわかるんですよ。

で、この日は平日でしたが、ご覧のように車がずらっとつながっていました。ちょうど春休みですし、他府県ナンバーの車や観光バスがいっぱい。大学の街・京都は、新入生を受け入れる時期でもあります。全国から来る新入生が、観光を兼ねた家族と一緒にあふれる時期でもあります。そんなわけで、平日の昼下がりなのに渋滞。

仕事のために走っている身にはつらいところですが、焦ったところでどうにもなりません。桜に癒されつつ、軽トラックのハンドルを握りました。

ほか職人さんの話を読むならこちらから>住まいブログ 大工・職人

コメントを残す