1月 11 2010

昨日に引き続き本日は分団初演習【左京消防団八瀬分団】

昨日の京都市消防出初め式に引き続き、本日は朝から、地元、左京消防団八瀬分団の初演習でした。

昨日活躍したミニ消防車と、もう一台手押し式の小型動力ポンプと二手に分かれて、地域内の数カ所で放水を繰り返しました。

ところで、昨日の出初め式について、読売新聞が京都市消防局の出初め式と記事に書いています。でも、これは間違った記事なんですよ。

京都市の消防体制は、京都市長のもとにいわゆる本職の消防局と、ボランティアである消防団が並立した形になっています。消防団は消防局の傘下には入っておらず、市長直属の組織なんですね。ですから、消防局の出初め式というと、消防団は入らないのです。もちろん、消防団も大挙して(というか人数としてはずっと多いのです)参加しているのですから、「消防出初め式」というのが、正しい名称です。

消防団と消防局は非常に仲良しで、日常業務から協力して動いています。本日の八瀬分団の初演習にも、左京消防署大原出張所から、消防士さんが見に来られていました。

今年一年、災害のない年になってほしいものですね。

コメントを残す