5月 10 2009

【現場用デジカメ】リコーG600はガテン系御用達

現場の仕事は、できるだけ写真に残しておくようにしています。お施主さんに説明する時にもわかりやすいですし、後々の資料や広告等に利用することもあります。ですから、現場で使えるデジカメは、現場の必需品なんですよね。

私は、ここ5年ほど、RICOHのCaplioRXというのを使っていたのですが、それがとうとう動かなくなってしまいました。電源は入るし、すでに撮った画像を閲覧することはできるのですが、新たに撮影しようとすると、エラーが出て、レンズが出て来てくれないのです。

けっこう綺麗に写してくれるデジカメで、お気に入りだったのですが、やはり、現場ではかなりハードな環境で過酷に使用されますので、駆動部分に無理が来てしまったのでしょうか…。

で、いろいろ新しいデジカメについて調べてみて、ガテン系の現場仕事に現状でいちばん使い勝手が良いと思われたので、RICOHのG600を購入致しました。

定価はほぼ10万円。実勢価格でも5〜7万円というところが多かったのですが、私は、「デジカメオンライン楽天店」というお店で、43280円で購入しました。

G600は、とにかく頑丈で、米軍の基準もクリアしたというタフさです。本当に、現場にはぴったりですね。

というわけで、これからはこのブログの写真も、G600で撮ることになります。あとは、ちゃんと記事を書くだけですね。(^^;;;;

ほかの職人さんの話を読むならこちらをクリック!にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ住まいブログ 大工・職人

2 comments

  1. お久しぶりです。

    そのカメラいいですね。

    現場用には、頑丈なのが一番です。

    私も現場用のカメラが欲しいので、

    候補のヒトツにさせていただきます。

  2. 社寺工房さん、ありがとうございます。

    使った感想は、まあ最近の薄くて小さいデジカメからするとごつごつとでかい気がしますが、軍手をはめたまま扱おうとすると、これくらいがちょうどいいと感じました。

    また、ゴツゴツとでかいと言っても、作業服の胸ポケットにも入ってくれるので、細かく撮りたい時にも苦もなくさっと撮ってパッとしまっておけます。

    けっこう良い感じですよ。

    後は本当に記事を書くだけです。社寺工房さんのところに、「忙しくなると記事がアップできなくなるので気をつけて…。」と書き込んだのを、そのまま自ら実行してしまいました。えへへへへ。

    ねたは一杯たまって行くんですけどねぇ…(^^;;;;

コメントを残す