8月 22 2008

スイカを食べてうまいトマトだと言ったおじさん…しあわせな惚け方

お盆休みに田舎に帰った時に、
母方の伯父が老人性の痴呆症になったと言う話を聞きました。

実際に会いに行ってみましたが、昔通りの優しいおじさんでした。
でもやはり、話の端々にさっきした話が何度か出て来ていました。

そんな伯父が、知人の家に伯母と一緒に訪ねて行った時の話を聞きました。

暑いところを良く来てくれて…ということで、
スイカを出してくれたそうです。

伯父はもともと、子どもの頃からスイカが大嫌いでした。
知人はそのことを知らなかったんですね。
精一杯のおもてなしのつもりで、スイカを出したんですね。

伯母は、絶対に食べないと思ったそうです。

ところがどうしたことか、伯父は、とてもうまそうに食べたんです。
これには伯母もびっくりしました。

その日、家に帰ってから夕食を食べて、
テレビを見ながらゆっくりしていた時、
伯父は思い出したようにしみじみと言いました。

「今日、出してもらったトマトは、とてもおいしいトマトだったなあ。」

そんな伯父は、惚けちゃって困ったなあと言われながらも、
みんなに大切にされ、子や孫やひ孫に慕われ、しあわせな老後を送っています。

ところで、屋根屋をしていると、
屋根の上からとんでもないものを見ることがあります。

もう15年ほど前、ある農家の大きな屋根を葺き替えている時に、
こんなことがありました。

その農家のお隣に、広い庭をはさんで別のお宅がありました。
時たま家の前で、その家の奥さんとすれ違いましたが、
にこやかに挨拶をしてくれるふつうの奥さんでした。

ところがある日、屋根の上で仕事をしていると、
その家の裏庭から罵声が聞こえてきました。

「このばばぁ!またこぼしやがって!しっかり食べろ、このごくつぶし!」
「食べられんのか?なら、さっさと死ね!!」
「ガシャーン」という何か壊れる音…。

そのお宅には、おばあさんがいたんですね。
罵声の主は、あの奥さんでした。

介護虐待。

あの時はまだそんな言葉も知らなかったんですが…。

もしも将来惚けるなら、
願わくば、
伯父のように、しあわせに惚けたいなと思います。

ほかの職人さんの話を読むならこちらから>住まいブログ 大工・職人

コメントを残す