3月 18 2008

う〜ん、春だ。北区柊野で屋根葺き替えスタート

春は梅の花からいやぁ、ついこのあいだ雪が降ったところですが、すっかり春ですねえ。朝晩はまだ冷えるものの、日中は仕事をしていると暑いです。日が落ちるのも遅くなってきて、屋根から降りて周りを片付けたら、もう7時になっていました。

さて、昨日から新しい現場です。北区柊野で、築40年ほどのお宅で、屋根の葺き替え工事です。

40年間、家を守り続けてきた屋根瓦ですが、あちこちで凍害による割れが始まっていました。瓦を野地に止め付けている葺き土も弱ってきていて、瓦自体がずれ始めていました。凍害による割れ(凍て割れ・いてわれ)

右の写真の赤く見えている部分が、凍害にあった部分です。瓦表面の釉薬がはがれ落ちて、素焼きの部分が見えています。

この瓦たちも40年間、一生懸命この家を守って来たわけですが、さすがにそろそろ、お役御免ですね。新しい瓦に葺き替えです。

ほか職人さんの話を読むならこちらから>住まいブログ 大工・職人

コメントを残す